婚約指は誰とも被らないような指輪を選ぼう

結婚式の衣装と言えば

複数のドレス

花嫁衣装の種類とは

新郎新婦の衣装は、以前は和装でしたが、現在はウェディングドレスとタキシードが主流です。ひところに比べて、和装が見直される動きもあるものの、予算に余裕がある場合に限られるのが実情です。カラードレスを着て、さらに和装も着るという選択になるのではないでしょうか。ウェディングドレスの特徴は、やはり白く、新婦が引き立つ色ですよね。そして、上半身は新婦の肌を美しく見せながら、腰から下のラインはふんわりと女性らしく華やかなものです。マーメイドタイプのものや、なるべく肌の露出を抑えたものもありますし、中にはミニスカートタイプの物もあります。新婦さんの好みを反映できますし、ウェディングドレスで人柄を現すこともできます。

なぜこんなに選ばれるのか

金額的な面でいえば、一概に和装が高くウェディングドレスの方が手頃ということはありません。どちらも高級なものはそれなりの金額になりますので、やはり、女性をいかに華やかに見せるかという点でしょうか。華やかと言えば着物に色打掛という方法もありますが、現代的な華やかさという点で考えると、ウェディングドレスに軍配が上がります。また、デザインも大きな要素です。ウェディングドレスは、基本的なイメージはあるものの、非常いデザインが多彩です。そのため、女性としては選ぶ楽しさを満喫することができます。ウェディングドレスを着て、タキシードでビシッと決めた新郎との結婚式は、女性にとっては幼いころからの憧れです。ぜひ素敵な結婚式にできるよう、がんばってください。