婚約指は誰とも被らないような指輪を選ぼう

愛を示す大切なアイテム

リング

婚約指輪との違い

結婚が決まった女性が身に着けるのが婚約指輪、入籍し、晴れて夫婦となった二人が身に着けるのが、結婚指輪です。婚約指輪との違いは、大きく分けてダイヤの有無です。婚約指輪には、ほとんどの場合一つ以上のダイヤが浮き出るようについており、それを際立たせるようなリングのデザインとなっています。しかし、結婚指輪は、ダイヤがついていたとしても浮き上がったりしておらず、目立たないように指輪に埋め込まれている場合がほとんどです。長年身に着けるものですから、ダイヤが取れないようそのような構造になっています。また、女性のものであってもダイヤがついていないデザインのものもあり、比較的シンプルな作りになっているのが特徴です。二人の愛の誓いを示す大切なものであり、ほとんどのカップルが結婚指輪を購入します。

オリジナルの指輪

結婚指輪は指輪の専門店で購入する場合がほとんどですが、近年では結婚指輪を手作りするサービスも人気を集めています。リングのデザインからダイヤの置き方などを一から考え、自ら作ることで世界に一つだけの結婚指輪を作ることが出来ます。この点が、オリジナル結婚指輪の一番のメリットと言えます。また、普通に購入するよりも若干安く手に入れられることが出来るので、それもメリットの一つと言えます。自分の手で作るものなので、失敗したりゆがんだりなど、プロのものに比べると品質が劣ってしまうというリスクはあるかもしれませんが、そのように失敗した点も二人の思い出となって残るため、手作りの結婚指輪は人気を集めているのです。市販品でも手作り品でも、お互いに気に入る素敵な結婚指輪を手に入れ、素晴らしい新婚生活をスタートさせましょう。